憧れの美白になるための近道|化粧品で素肌を変える

見えない肌トラブルを改善

お尻

特性を知ってケアする

ニキビは思春期だけでなく、大人になってから悩む人もとても沢山います。大人になってからできると、大人ニキビと呼ばれ、同じところにできやすく、そして治りにくい特性を持っています。ニキビは顔にできるだけでなく、毛穴のある部分で条件が揃えば、どこにでもできてしまいます。背中や胸元にできてしまう人も多いでしょう。実は、ニキビはお尻にもできてしまうのです。お尻にできる理由は、常に下着の中なので蒸れやすく、下着や座った時の摩擦などで、刺激を受けやすい部位なのです。そのため、雑菌が繁殖し、刺激で角質が硬くなり、毛穴が詰まってニキビができてしまうのです。お尻ニキビは、顔のニキビと同様、皮脂分泌の多い10代20代、そして代謝が衰え、ホルモンバランスが乱れる30代40代まで、肌広い年代にできやすい症状です。また女性の場合、毎月生理があるので、ナプキンなどで蒸れやすくなり、できやすくなる場合もあります。緩和させるためには、顔のニキビと同じように、清潔にして保湿ケアを行うのが基本です。最近では、お尻ニキビに特化した化粧品も販売されており、硬くなった角質を柔らかくし、保湿を与える効果を持っています。顔と同じようにお風呂上りには、専用の化粧品を使って、お尻もしっかりとケアしてあげましょう。また脂分や糖分は、ニキビ促進させてしまうので、過剰摂取はひかえ、肌のターンオーバーが正常に機能するように、早寝早起き、適度な運動なども心掛けると効果的です。